街角のコミュニケーション日記

世の中コミュニケーションだらけ。

「目黒虐待死」人生のなかで一番悲しい、結愛ちゃんの書いた文章

もう・・・

言いたいことは山ほどある。

言いたいやつは山ほどいる。

 

ふ、ざ、け、ん、な!

クズ継父、どうせ、弱者にしかできないんだろ。サイテーだよ、お前。なあ、収監されてリンチでもされたら?子ども殺しには、容赦ないらしいから。母親、あんた弱すぎだろ。あんなクズな男を頼りにして生きなきゃいけないなんて。子育てできないんなら、自分の子どもを守ってやれないんなら・・・もう、その時点で畜生以下だけど。頼むから、産まないでくれよ。もし母親の魂が一分でも残っているのなら、その非道を一生背負って生きろ。日本の児童相談所、何回、同じことを繰り返すのか、同じ過ちを繰り返すのか。権限も拡大して、警察との連携もとれるはずなのに何でやらない。本当に危機意識が欠如しているとしか思えない。真剣に取り組んでないでしょ。人の命を軽んじているようにしか思えない。日本の行政、厚労省も同罪だよ。いつまで無策なのか。制度を見直せよ。ガイドラインつくれよ。子を思う親の愛とかに頼っているのか?性善説を信じているのか?日本の政治家たち、もう、もり・かけ問題とかいいから、こういう問題取り上げてほしい。こういうこと議論してほしい。そして、社会と周りの大人たち、もっと関心を持てないのだろうか。またすぐに忘れてしまうのか。そのときの事件の一つで終わらせてしまうのか・・・。

 

 ・・・もうおねがいゆるしてゆるしてください おねがいします・・・

・・・あそぶってあほみたいだからやめるので もうぜったい 

   ぜったいやらないからね わかったね・・・

 

などと綴られた「反省文」なるもの。

 切なすぎて、辛すぎて、胸が苦しくなる。

クズな親に書かされたものであったとしてもだ。

私の人生のなかで見てきたどの文章よりも悲しい。

本当は、読みたくない、辛すぎて。

でも、読まなくてはいけないのだと思う。

これは、この子が社会と、私たち大人に残したメッセージに思えてならない。

この事件を風化させないために、いつまでたってもなくならない児童虐待へ衆目を集めるために。

特に、いま、小さな子どもに虐待を繰り返してる奴らに読ませたい。

文章を読んで、それでも心を揺さぶられないなら、そいつらは、真に畜生にも劣る。

私たち大人は、この悲しいメッセージを受けとめなければいけない。

覚えていなければならない。

そうでないと、この子があまりにも浮かばれないから。

 

最後に、天国の結愛ちゃんへ。

遊ぶのは、ぜんぜんあほなことじゃないから、そっちでいっぱい遊んでね。

あと、世の中の大人の一人として言わせてね。

君を守ってあげられなくて、本当にごめんね。

 


人気ブログランキング


生き方ランキング