街角のコミュニケーション

世の中コミュニケーションだらけ。

職場にある喫煙スペースの居心地の悪さ。

コミュニケーション力が無いことを隠して生きていると

無理をして笑ったり、話しかけられたらそれに応えたり

ちょっと元気なふりをしたりと、何かと面倒くさい。

本当は、挨拶すらしたくないくらい面倒くさい。

そして、その面倒くささもまた、隠さなければならない

まったくの悪循環だ。

だから、私はできる限り人との接触を避けようと生きている。

仕事上の人間関係、職場内の人付き合いについては特にそうだ。

ときに私は喫煙者である。

時代の潮目から言うと非・非喫煙者と言った方がいいのかもしれない。

昨今では、居場所を追われ、喫煙スペースを見つけるのも一苦労なのだ。

職場のあるオフィスビルには喫煙スペースが1カ所ある

いや1カ所しかない。このビルで働くすべての喫煙者が集まる。

もちろん私と同じ会社、同じ職場の人間たちも集まる。

私はここで繰り広げられるコミュニケーションが苦手でならない。

誰かに話しかけられるのも嫌いだし、だからと言って

知らん顔で、スマホをいじりながら煙草を吸うのも何かバツが悪い。

私にとって「いっぷく」はリラックスできる瞬間であるはずなのに

逆に緊張してしまう。とにかく居心地がよくないのだ。

そこで私は、徒歩5分をかけて隣のビルの喫煙スペースに通っている。

他の利用者はいるが、誰も私を知らない、私も誰も知らない。

非効率なようだけれど、心の平静を保つには

いまのところベストなやり方だと思っている。

ストレスもないし、おのずと煙草の本数も減るし、歩くから運動にもなるし。

一石三鳥ということだ・・・。なんて、言っているけど

ただの自意識過剰なのかもしれない。

誰も私のことなんか気にしてないのかもしれない。

別にそんなことを知りたいわけでもない。

あぁ、昔はこんなじゃなかったのに。

人との出会いがすき、なんて言えるときもあったのに。

なんか、年々ひどくなっているような気がする。

まあ、いいや。

明日も隣のビルへ行こう。いっぷくしに行こう。

私を含めて、誰も嫌な思いをしないで済む。

それだけは、確かだ。

 


人気ブログランキング


生き方ランキング