街角のコミュニケーション

世の中コミュニケーションだらけ。

「ヘタウマ」を理解できないやつに、いいコンテンツなんて創れやしない。

「ヘタウマ」という世界観がある。

この世界観は、主に絵画やイラストなどに用いられることが多い。

「へたくそ」以上「うまい」以下などと定義されることもあるようだが

その見立ての基準は、人それぞれにあるようだ。

確かに同じ作品でも誰かがみれば「へたくそ」だけど

違う誰かがみれば「ヘタウマ」ということもある。

それは、それでいいのだと思う。

芸術性やセンスを問われていると感じる人は

それがバイアスとなってしまうこともあるだろうし

「すき、きらい」という感覚が影響することもある。

作家の名前が売れているか、売れていないか、ということもある。

そういう意味でも「ヘタウマ」を特定することは意外と難しいのかもしれない。

私も正直、よく分からない。ただ、仕事上そうも言っていられない。

だから私なりに「ヘタウマ」を見立てると、例えばイラストの場合、単体ではなく

何らかのコンテンツや原稿の一部となったとき、文章やデザインと調和し

ときには引き立てながら、そこはかとなく“いい味”をだしてくれるもの。

そう思っている。「ヘタウマ」だけを見るのではなく

「ヘタウマ」がコンテンツの中でどう機能するかである。

こういう見立てをまったく理解できないやつがいる。

私が生業としているこの世界では致命的だと思う。

ただの観賞者ならともかく「すき、きらい」でしかものが見ることのができない専門職。

「ぼくは、すきじゃないなぁ」だって。

ば〜か、お前のために創ってんじゃないんだよ。

こっちは、請負業として、お前の会社のために、良かれと思って選択してるんだよ

もう、やめちまえば、このくそクライアントが!

・・・それとも、この4流企業の4流の社員に「ヘタウマ」が理解できるほどの

リテラシーを求める私の方がどうかしているのだろうか。


人気ブログランキング


生き方ランキング