街角のコミュニケーション

世の中コミュニケーションだらけ。

「何をしている時がいちばん楽しい?」と聞かれてリアクションに困る。

「何をしている時がいちばん楽しい?」

私の隣の席に座る同僚に突然、聞かれた。

突然などと言うと、この同僚がおかしな人に聞こえるが

正確には、あまりにも大きなため息をついて仕事をしていた私を見かねて

声をかけてくれたのだ「何かあったの?」と。

最近、何かと調子の悪い私だが

人を心配させるほどの大きなため息をついていたとは

社会人以前に、やはり人間として問題がある。

何でもない、と応えるのも嘘くさいので、「最近、イマイチでね」と私。

そんなやりとりがあって、その流れで聞かれたのだ。

「何をしている時がいちばん楽しい?」って。

よっぽど私がつまらなそうに見えたに違いない。

この質問には正直、不意をつかれた。

「楽しむ」なんて、とても感覚的なことなので意識したことがない。

改めて、自分は何を楽しいと感じているのだろうか。と考えてみた。

そういえば最近、心から笑ってないよな。

決して、楽しい=笑うではないけど、そんな風にも思った。

「うーん・・・」。結局、私はこの質問に答えることができなかった。

仕事は楽しい?

それは、ない。

私にとって仕事とは辛くて、苦しいものであって、楽しいものではない。

よく「何か楽しい仕事したいね」なんて言う人がいるが

楽しい仕事なんてあるわけない。

地べたを這いつくばるように、泥水をすするように

もがきながら取り組むのが仕事だと思っている。

じゃあ、家庭は楽しい?

それも、ない。

家庭や家族は養うもので、楽しむ対象ではない。責任を果たす対象である。

こんな調子で私は 趣味は? 友人は?

といろいろ自問自答してみたが、ピンとくるものはなかった。

過去の私を思い出してみた。そうしたら、楽しいことがいっぱいあった。

どうやら、歳をとって楽しみ方を忘れてしまったらしい。

いや歳の問題ではないな、生き方の問題だ。

その証拠に、世の中には楽しそうな私と同世代の人たちがたくさんいる。

きっと、人生の勝ち組なのでしょう。

そんなひがみ根性すら湧いてくる。

ところで、今回の一件があって、「楽しい事」をネットで検索してみると

まあ、出てくる出てくる、ネガティブ思考。

「楽しい事ないかな?」とか「楽しい事がない!」に関するものがやたらとヒットした。

これには驚いたと同時に、ちょっと安心もした。

ひねくれた同族意識である。

ま、とにもかくにも、私の異常に気づき、声をかけてくれた同僚には

とりあえず感謝したいと思います。


人気ブログランキング


生き方ランキング